岩殿観音のご供養

岩殿観音の境内地からたびたび出土する青石塔婆
この石で造られた供養の塔婆をみると、
古くは鎌倉時代から、人々は岩殿観音に亡き人の冥福を祈っていたことがわかります
一説には岩殿観音の岩壁は、古墳時代に石棺をつくるために削られたともいわれ、
ここ岩殿観音は、古来より魂の還る霊山としての信仰が続いているのです

岩殿観音に眠る

正法寺霊園

岩殿山の森の中、四方を木立に囲われ、静寂な空気が霊園を包みます。

納骨廟

本堂須弥壇の裏側に、ご遺骨をお預かりする納骨廟がございます。
(現在建設中)

永代供養合祀墓

観音さまに見守られ、岩殿の霊山に還ってゆく。正法寺霊園にある永代供養合祀墓では、永代に渡りご供養をいたします。
(現在建設中)

岩殿観音で祈る

ご葬儀

大切な人が安心して旅立てるように、真言密教に伝わる「引導作法」によって仏さまの住まう密厳浄土へと、亡き方を導きます。

ご法事

あの世へと旅立った方の行く道が、少しでも安らかであるように、年回忌ごとのご法事で供養をします。

お問い合わせについて

ご葬儀やご法事のご相談、また霊園や永代供養墓への納骨のご相談など、お電話や問い合わせフォームにて承っております。些細なことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。